食事

輸入品のドッグフードを購入する時は

愛犬のためのドッグフード選びには、まず原産国や製造国を気にするという方も少なくないことでしょう。
日本人の場合、原材料や生産国は国産でなければ駄目だとする方が多くいらっしゃいますが、輸入品のドッグフードhttp://xn--qckubrc3d4m.tk/import.htmlでも良いものはたくさんあります。

・欧米の製品に注目
日本以上に愛犬家が多いヨーロッパやアメリカでは、ペットフードについても栄養バランスを考えた優秀な製品が揃っています
特に特定疾患のサポートが出来るフードは日本にないものも多く、機能的なフードはワンちゃんの万が一のために役立ちます。

・購入は専門の場所で
輸入品ということで、パッケージを見ても何が書いてあるか分からない場合もあるでしょう。
そこで、輸入品を購入する時は、製品の特長を抑えている店員さんがいるペットショップや動物病院の購入をおすすめします。
動物病院では獣医の指示に従ってフード選びができますし、ペットショップでは国産の製品と比較したり、他の飼い主さんの口コミを店員さんに教えて貰って購入することができます。

・外国産は安全か
今までに何度も議論されてきたポイントですが、外国産のペットフードは国産のフードより極端で、機能的かつ優秀なフードもあれば、非常に粗悪でワンちゃんの健康に悪影響を及ぼすフードまでさまざまです。
先ほども述べたように欧米はペット先進国であるため、フードの安全性には信頼感がありますが、日本へ輸入する際は長い時間をかけて長距離を運んでくるため、フードが腐らないように保存料が多めに含まれている可能性があります。
そのため、輸入品のドッグフードを購入する時は、添加物がどれほど含まれているかを把握しておくようにしましょう。
アレルギー持ちのワンちゃんhttp://www.zoo-movie.jp/arerugi.htmlは添加物に弱い傾向にあるため、輸入品ではなく国産の無添加フードを購入した方が良い場合もあります
日本のものだからすべて安全というわけではありませんが、ワンちゃんの健康を第一に考える場合は輸入品も含めて原材料にもしっかりと着目し、安全な製品を選ぶようにしたいものです。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.