食事

炭水化物の取りすぎと体調不良

スーパーやホームセンターなどで手軽に手に入る総合栄養食は、炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル、脂肪の五大栄養素をまんべんなく摂取できる万能フード。
それぞれの製品が栄養バランスに配慮して作られているので、飼い主さんたちが自分で栄養価を考えなくても手軽にワンちゃんの健康管理ができてしまいます。

しかしながら、ワンちゃんの食事も炭水化物ばかりでは肥満の原因になります。
犬は古来より肉食であり、現在では人間の生活に近しい存在になったため雑食に近くなりましたが、それでも炭水化物より肉の方が消化吸収が早い動物です。
炭水化物を摂り過ぎると太るのは人間だけでなく犬も同じということです。
元々、炭水化物を消化する力が弱いため、消化不良を起こして胃や腸に負担をかけ、毛ヅヤなどにも良くない影響を与えてしまいます。

そんなワンちゃんにおすすめのドッグフードhttp://www.tibettibet.jp/erabupoinnto.htmlに、グレインフリー製品というものがあります。
グレインフリーとはトウモロコシや麦など、ドッグフードによく使用される穀物を一切排除し、肥満の原因を完全に断っているフードのこと。
その代わりにラム肉などの肉類を多めに配合しているので、犬が本来必要とする食事がお腹いっぱい摂取できます。

また、ワンちゃんによってはグレインフリー製品がまったく合わず、口に入れても出してしまったり、まったく見向きもしない場合があります。
そのようなワンちゃんには、従来の食事にグレインフリー製品を混ぜ込んであげるなどして工夫してみると良いでしょう。

炭水化物をたくさん混ぜ込んでかさ増ししているドッグフードは、炭水化物を無理に消化するため胃腸に負担をかけやすく、犬にとっては便秘の原因にもなります。
もちろん、炭水化物を大量に摂取し続けると糖尿病の原因となったり、慢性的に血糖値の高い状態が続く可能性もあります。
最近ワンちゃんの体調が良くないなと感じたら、グレインフリー製品に切り替えたり、通常のドッグフードと交代で与えるなど工夫をして健康を意識してみてください。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.