食事

ドッグフードを愛犬が食べない時の対応方法

ワンちゃんの体調を把握するためには、毎日の食事をチェックするのがもっとも早い方法です。
特に、ある日突然ご飯を食べなくなってしまったら、飼い主さんとしてはちょっと心配です。
ワンちゃんがご飯を残すのは以下のような理由が挙げられます。

・ご飯に飽きた、もしくは与えられたご飯が好きではない
・季節の変わり目や体調の変化
・精神的ストレス
・何らかの病気にかかっている

多くは飽きがきていたり、好きではない場合のお残しになります。
飽きている場合は違うフードに変更してあげれば、スムーズに食事をしてくれますが、お残しはしつけの観点からみれば良くありませんので、きちんと食べるようにしつけてあげましょう。
とはいえあまり無理強いをしてもワンちゃんの健康には良くありません。
一口、二口食べてすぐ残すようであれば、ドッグフードの味がワンちゃんに合っていない可能性もあるため、食べられるものに替えてあげましょう。
そして、ご飯を食べなくなったときの対処法http://www.netbaza.net/tabenaitokiniha.htmlは以下の通りになります。

・ドッグフードが傷んでいないかどうか確かめる
・食べるように言い聞かせ、お皿置いておく。
それでも食べなければさげてしまう
・ご飯を食べたらその時だけご褒美におやつをあげる
・すぐに違うフードに変更するのはNG。
あくまで様子を見てから替えるようにする

ドッグフードにも美味しいものと美味しくないものがあります
特に品質が劣化していたり、腐敗が進んでいるフードなどは犬に限らずほかの動物でも口にはしません。
いくら食べないからといって、食べるまでワンちゃんとにらめっこを続けるのも意味がないのです。
上記の方法を試してみて、それでも頑として食べないようであれば病院http://www.centralohiogoodshepherds.com/jyui.htmlへ連れていきましょう。
夏バテや病気の可能性があったり、老いて食欲がぐっと落ちたとき、または環境的にストレスが溜まっている場合もあります。
環境要因の場合、まずはストレスを与えるような事をしていないか身の回りを振り返り、ワンちゃんにリラックスさせてあげましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.