食事

ドッグフードの賞味期限の大切さ

ドッグフードを購入して開封したら、まず確認するのは賞味期限です。
普段から湿度と温度の低い場所に保存するのはもちろんですが、賞味期限内にきちんと使い切ることも重要になります。
ドッグフードを購入したら忘れずに日付をチェックし、どれくらいの期間で使い切れば良いかを把握しておきましょう。

・賞味期限について
基本的には、記載された賞味期限の中で使い切るようにします。
ドライタイプのドッグフードは乾燥しているので、一見長持ちするのではと思うのですが、湿気や室温によっては酸化が進んだり、カビる、虫がわくなどのトラブルが考えられます。
しっかりと密封していても、長期間置きっぱなしにすれば品質はどんどん落ちていきます。
災害用の非常食なら数年間は持たせることができますが、それ以外のドライフードは基本的に1ヶ月を賞味期限と考え、使い切るようにしましょう。

・安売り、訳アリに注意
スーパーやホームセンターへ行くと、安売りされていたり、「訳アリ品」と書かれたドッグフードがたまに見つかります。
半額以下の格安のフードhttp://www.keepthelovealivetour.com/genzairyo.htmlは一見魅力的ですが、どれだけの期間そこに置かれていたか、また保存状態によっては腐敗の可能性もあるため、おすすめはできません。
どうしても安いものをと考える場合は仕方ありませんが、必ず開封して中身が食べられるかどうか、匂いはおかしくなっていないかを確認しましょう。
安売り品を買う際にも、賞味期限の確認は必須です。

・無添加ドッグフードの賞味期限
酸化防止剤や保存料などを配合していない無添加タイプのフードが最近人気となっていますが、無添加タイプのドッグフードは通常のドッグフードよりも賞味期限が短いので注意が必要です。
最低でも3週間程度で使い切るようにし、それ以上保存するのは避けましょう。
無添加タイプのフードhttp://www.bowwowworld.jp/free.htmlは新鮮さが命ですから、空気に触れさせないようしっかり密閉し、おいしいうちにワンちゃんに食べてもらいましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.