食事

ドッグフードと人間の食事とは

犬の食事とは、いわゆる「ドッグフード」のことですが、最近では食感や原材料、味わいなどさまざまな製品が登場しています。
犬は生まれてから90日ほどでドライフードが食べられるようになりますが、子犬時代に何を食べたかによって大人になってからの健康状態が左右されると言われるほど、子供の頃の食事内容が重要な要素となります。
何でも食べるからといって人間のものばかり与えていては、健康を害する原因にもなってしまいます。

そもそも、犬と人間とでは必要となる栄養素が異なります。
犬は雑食性でもありますが、基本的にはお肉を主食とする肉食性の動物です。
そのため、人間が主に食べている炭水化物中心の食事は口には合いません。
それでも、味付けなどによってはワンちゃんの好物になってしまい、油分や糖分の多いお菓子や塩分の濃い食事も平気で口にするようになります。

飼い主と飼い犬という主従関係を明確にする場合、食事を共にすることは良い方法です。
しかし、犬自身が口にするドッグフードは健康的http://www.bestwan.jp/karadaniyokute.htmlなものでなければなりません。
新鮮なお肉やお魚を、できれば食材そのままの状態で食べさせてあげることが理想的です。

したがって、飼い主さんと同じものを食べさせる場合は味付けに注意しなければなりません。
お菓子やデザートであっても同じです。
お菓子などはワンちゃんの大好きなものの一つで、ご褒美にあげるととても喜びますが、チョコレートなど絶対に口にしてはならない食材もあるため注意が必要です。
ガムなども、キシリトールが含まれていると犬の体には良くありませんので、気軽に与えないように普段から意識しておきたいところです。

犬の食性は肉食寄りの雑食と言われています。
普段の食事から積極的に動物性たんぱく質を与えたいところですが、お肉にアレルギーがあるワンちゃんもいるため、野菜中心のドッグフードhttp://www.blogsndogs.com/yas.htmlに替えるか、魚をメインに使っているフードを与えるなど工夫が必要です。
どちらにしても、人間用の食事とは異なるということを心得ておきましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.