食事

ドッグフードの一日の食事量はどう計算する?

本来、ワンちゃんの一日の食事量は年齢や体格、体重などさまざまな条件を考慮しなければなりませんが、少なくとも犬種によって必要摂取量が異なることには注意が必要です。
大型犬と小型犬を同時に飼育しているご家庭http://www.arimahp.jp/same.htmlなどは、大型のワンちゃんに合わせてたっぷり食事をとらせてあげることが多いようですが、小型犬がたくさん食べてしまうと肥満に繋がるおそれがあります。

犬には狼の血が流れているので、一度にたくさん食べてエネルギーをしっかり摂取し、食べられない場合に備えておくという本能が備わっています。
そのため、飼い主さんが必要以上のドッグフードを与えず、普段の生活からセーブしてあげることが重要です。

ワンちゃんの摂取カロリーの目安は、ドッグフードのパッケージなどにも記載されていますが、去勢・不妊手術を行っていない成犬で1.8×(30×体重×70) を計算します。
それらの手術が済んでいる成犬は代謝量が少々落ちるため、1.6×(30×体重×70) で計算します。
手術の有無にかかわらず、高齢の犬は1.4×(30×体重×70) 、育ち盛りの子犬は3.6×(30×体重+70)で算出します。

飼い主さんは、自宅のワンちゃんの体重を動物病院や自宅の体重計などで計り、次に上記の公式からカロリーを算出してみましょう。
子犬の場合思った以上に必要摂取カロリーが多いと感じるかもしれませんが、成長期のため成犬の2倍は栄養が必要ということです。
今まで必要摂取量より少ない量しか与えていなかった場合は、栄養不足から体がきちんと作られていない可能性がありますから、正しい量を与え、ワンちゃんが食事できちんと満足できるように工夫してあげましょう。

カロリーhttp://abrionline.org/karori.htmlのことは問題ないとして、ドッグフードで肝心の栄養素がきちんと摂れているかどうかも気を付けなければならないポイントです。
おやつばかり与えていたり、明らかに塩分や糖分の多い人間の食事を与えていると、ワンちゃんが将来的に病気になるリスクもあります。
毎日の食事には栄養面からみた配慮も大切です。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.