食事

ドックフード選びの注意点って?

愛犬の健康を第一に考えたとき、まず大切なものが食事です。
ドックフードには、多彩な製品が揃っており、どれにしようかと迷ってしまいます。
そこで今回は、安心・安全で健康に良いドッグフードを選ぶ際に「価格」「味」「生産国」以外の細かいポイントについて考えてみたいと思います。

・栄養バランスを考える
言うまでもなく、五大栄養素がきちんとバランス良く配合されているドッグフードを選びましょう。
特に犬は肉食なので、動物性タンパク質が充実したフードが理想的です。
肉に限らず卵や魚などを使用している場合もありますが、いずれにしても多めに配合されていればワンちゃんの満足感もアップします。

・原材料に注目
フードにどんな原材料が使用されているかは重要なポイントなので忘れずにチェックしましょう。
パッケージに記載された原材料表示を確認し、ワンちゃんの健康にとって悪いものが入っていないか確認をします。
アレルギーを持っている場合は、アレルゲンとなる原材料のほか、トコフェロール・プロピレングリコールなどの添加物が入っていてもいけませんので注意が必要です。
成分表示をよく確認し、慎重にフードを選びましょう。

・保存期間もチェック
無添加タイプのフードは保存期間が短いため注意が必要です。
逆に、非常食としても使えるドライフードは1年以上保存がききますが、保存料が大量に含まれている可能性があるため、成分表示はしっかりとチェックしましょう。
保存期間が短いものと長いもの、両方とも用途やシーンに応じて上手に使い分けたいものです。

・既往症に合ったフードを選ぶ
糖尿病のワンちゃんには糖質が少ないものや糖コントロールタイプのものを、腎臓病のワンちゃんには塩分が少ないタイプのフードを選びましょう。
高齢で、関節が弱っているワンちゃんにはコンドロイチンなど関節をサポートする成分が含まれたフードがおすすめです。
今やドッグフードもニーズに応じて選ぶ時代。
上手に使い分けて、ワンちゃんの毎日の食生活http://dogfood.tokyo.jp/itinitinannkai.htmlの充実に繋げてあげましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.